Refine TOP >  クリニック紹介 > 美味しい食事は健康な歯から

美味しい食事は健康な歯から
いとう歯科医院伊藤 忠弘院長
 当医院は、脳神経外科や神経内科の診療を中心とした中村記念病院の東棟にあります。口腔外科を主体とした診療だけでなく、総合歯科として小児歯科、矯正歯科、審美歯科、歯科補綴(入れ歯)を行い、札幌医大や北大の専門歯科医師が診療にあたっています。インプラント(人工歯根)の治療も、骨量が少なく手術が困難な上顎臼歯部や前歯も外来手術で行えます。口腔外科と審美歯科の技術を併用し、機能的で美しい歯を提供しています。
 

マタニティ歯科へようこそ

赤ちゃんを授かると、母性の目覚めとともに、自分の体への健康意識が高まる女性が増えます。また、妊娠中は女性ホルモンの増加により、口腔内のトラブルが起こりやすくなることから、定期的なメンテナンスがいっそう重要になります。妊娠中こそ口腔の健康づくりを始める絶好のチャンスなのです。

「マタニティ歯科」と聞いて何をイメージしますか? たとえば、小児歯科や矯正歯科なら一般の方も理解していますし、十分に認知されています。しかし、マタニティ歯科の講義は歯科大学でもありません。それゆえ歯科医師でも専門性の高い医師は少ないのです。妊娠中に虫歯で痛みが生じたときや、歯肉が腫れたときに、どのような痛み止めを飲めばいいのか? 胎児に影響の少ない抗生物質の種類や量はどうなのか? 治療はできるのか? どこの歯科医院に行けばいいのか? など、お母さんの心配は尽きません。ですので、妊婦さんの身体の状態をよく理解し治療できる専門性の高い歯科医師が必要なのです。


妊娠すると・・・・

●妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより歯周病にかかりやすくなります。
●歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン生産を促進させるため、早産の可能性を増加させます。
●乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためには、母親の妊娠前からの口腔管理を含む生活習慣病の指導が必要となります。
●唾液が酸性になりネバネバします。また、つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなります。


妊娠中によく見られる疾患

●妊娠性歯肉炎 ●虫歯
●親知らずの痛みや腫れ ●口臭

母子手帳にも「妊娠中と産後の歯の状態」のページがあります。マタニティ歯科は、「歯が悪くなったら行く歯科」ではありません。お母さんと大切なお子さまの「お口の健康を守るための歯科」です。お口の健康は、体の健康、心の健康にもつながります。あなたの体とお子さまのためにも「マタニティ歯科」を受診しましょう。 

 

医療法人社団 愛誠会
いとう歯科医院

中央区南1西14 中村記念病院(東棟入り口)
TEL.011-271-0090
病院の詳細はこちら
 
このページのTOPへ